BLOG

HOME» BLOG »ノックスドール あれから6年経ちました

BLOG

ノックスドール あれから6年経ちました

車検でご入庫頂いた札幌市G様のエスティマです

 

こちらは丁度6年前にG様からご注文頂き、本州から取り寄せてお買上げ頂いたお車です

お買上げ頂いた当時の下回り画像は残念ながらありませんが、下回りのサビは非常に少なく、かなり綺麗な状態だったと記憶しています

納車時にノックスドール1600で防錆してあります

 

「車検でご入庫の際の防錆補修は塗料です」といった事はかつてはやってませんでしたので(笑)、基本的にノーメンテで今日を迎えたお車です

 

 

あれから6年…

 

経過走行約4万キロ

 

札幌の街中を走り続けてきたお車の下回り状態はこちらです

 

 

手前に見えているスペアタイヤのホイールがサビている為、ちょっと印象悪いかも知れません(笑)

でも、よく見てみると…

 

リアタイヤの内側、コイルスプリング上のフレーム部分です

フレーム構成部の鉄板の端に僅かにサビが見えますが、まだまだノックスドールが利いているのがお解り頂けると思います

 

 

リアスプリング下、足回りの部分です

少しサビが出てきていますが、結構しっかりしています

 

同じくリア、こちらは左リアのフレームです

やはり、「鉄は端からサビる」の見本ですね

 

 

当店では施工後5年を目安に再施工をお勧めしています

ただ、5,6年目を迎えて、「この先何年ぐらい乗る予定なのか?」をお考え頂いた上でご検討頂いています

ぶっちゃけ、この状態からあと2,3年で手放すのなら、再施工はそれほど意味がないのではないかとも思います

 

 

リアの床下です

サビがあるのはボルトの頭と鉄板の端くらいです

 

 

サイドステップの内側です

この辺にはサビがありませんね

 

右上に見えているサビの出ている部分は燃料タンクの端っこの方です

 

センター床下です

この辺りもサビは無いに等しい状態です

 

フロントタイヤの直後のフレーム部分です

お気付きの方も多いかと思いますが、クルマのサビは前に行くほど少なくなります

やはり巻き上げの関係ではないかと思います

 

同じく右前輪の直後あたりです

 

 

一旦振り返って前からリアの足回りを写しています

 

フロントサスペンションメンバーとロアアームです

足回りは水や砂、小石などの直撃を受けやすく、フロントであってもノックスドールの剥がれが出やすいですが、こちらのお車はまだまだ塗膜がしっかりしています

 

 

 

「全然サビてません!」

とまで言い切ってしまうのはちょっと無理があると思いますが(笑)、かなりサビを抑制し防止しているのはお解り頂けると思います

 

6年間、防錆部分はノーメンテでここまで持っている、というのも中々大したものだと思います

 

流石オレ…、じゃなかった(笑)、流石ノックスドールです

 

 

 

 

G様、ご協力ありがとうございました!

 

2020/05/07

BLOG

Noxudol ノックスドール

施工手順

店舗情報

価格表

ベストカーズ札幌からのお知らせ☆