BLOG

HOME» BLOG »新車、及び新車登録から二年程度のお車施工時の注意点について

BLOG

新車、及び新車登録から二年程度のお車施工時の注意点について

以前にも施工事例の中で少し触れましたが、新車、及び新車登録から二年程度のお車に付いての注意点です

当店では登録より二年を経過していないお車に付いては、基本的にタイヤハウスの施工にノックスドールを使用しておりません

新しいお車のタイヤハウス内の防錆施工にはリスクがある為です

当店ではタイヤハウス内にはチッピングコートという塗料を重ね塗りしています

 

その為、当店で新車の施工をした場合、タイヤハウスの仕上がりはこんな感じです

タイヤハウスの下4分の1位から上はノックスドールではなく、チッピングコートを使用しています

ストラット、足回りのアーム類などはノックスドールを塗ってあります

 

では、どんなリスクがあるのか?

 

 

簡単に言ってしまうと…

 

「防錆剤がデロデロに溶けて、そのまま走るとタイヤで巻き上げて、ボディに取れない黒い汚れがべっとり付くかも知れない」

 

っていうリスクです

 

これはノックスドールに限らず、防錆剤を作っているメーカーや卸元の方々なら誰でも知っている話ですが、この現象が起きる確率が比較的低い為なのか、ディーラーや施工店での新車施工とか結構平気で防錆剤を塗っているようです

他店様でどう施工するかに口出すつもりはありませんので、そのへんは置いといて…

 

で、その現象が起きるのはどれくらいの確率かというと…

 

 

 

およそ50台に1台くらいの確率、だそうです

 

 

 

う~ん…

 

微妙な確率ですよね…

 

 

ウチは基本ビビりですので(笑)、今まで新しい車のタイヤハウスにノックスドール塗ったことないんですよ

なので、この「防錆塗料の巻き上げ現象」なるものを見たことがありません

 

取引先のノックスドール北海道総代理店フクニチでも「施工しない方が良いです」とのことですし…

先日、親善試合(?)で来てくれていたスリーラスターの、北海スリーボンドの営業さんも「新車のタイヤハウスにはくれぐれも塗らないで下さい」と言ってました

(そう言えばノックスドールVSスリーラスターの動画まだ編集中ですスミマセン)

 

何故、この現象が起きるのか簡単に説明すると…

 

タイヤハウスには鋼板の接合部に「シーラー」と呼ばれるコーキングみたいなものが塗ってあります

シーラーとは、プラスチックの廃材などを溶かして作った「糊とかボンドのようなもの」だと思って下さい

このシーラーの中にはプラスチックを溶かす「溶剤」が含まれています

プラスチック溶かしてコネて作った訳ですから当然です

新車時はこのシーラーも塗りたてですから、手で触るとプニプニしています

まだ溶剤が利いていて、シーラーそのものが固まり切っていない状態です

 

で、ここからが問題で…

 

このシーラーに含まれる溶剤が、しばらくの間は少しずつ漏れ出ているらしいです

そこにノックスドールなどの防錆剤を塗りますと…

 

あら不思議、防錆剤がデロデロに溶けちゃった!、という結末を迎える場合がある

 

と、いう事らしいです

 

 

で、さっきの確率に戻って「50台に1台くらいはそうなるらしい」

 

な訳です

 

これはメーカー、車種を問わず、「なるものはなる、ならないものはならない」という、極めて迷惑な発生状況らしいです

同時期にラインオフ(工場出荷)した同一車種でも、「なるものはなる、ならないものはならない」、だそうです

 

何それ?、っていう感じです(笑)

 

防錆剤の各メーカーでもこの事態に対応する為に、自動車メーカーなどにこの「シーラー」の正確な成分に付いて問い合わせ、対策を講じようとしているらしいのですが…

 

今のところ解決に至らないようです

 

っていうか、正確な成分を特定できない、との説もあります

 

『シーラーの原料はプラスチックの廃材などを使用する為、同じ溶剤で溶かして作っても成分が一定ではない』

という説もあるそうです

 

これはちょっと説得力ありますね

 

ともあれ、比較的確率が低いとはいえ、現象そのものは実際に起きている事ですので、当店ではタイヤハウスにはノックスドールではなく、「チッピングコート」という塗装剤を重ねて塗っています

 

ええ、ウチはチキンですので(笑)

 

新車で施工したは良いけれど、数か月後に飛び散ったノックスドールでデロデロに汚れたお客さんのクルマが戻ってきたりしたら悪夢みたいなもんですよ、マジで

ボディに付いたノックスは弱めのシンナーで落ちると思いますけど、タイヤハウス内がデロデロだったら、どうやって落とすんでしょうね?

 

っていうか、『汚れはちゃんと落としましたので、これで大丈夫です!』では済まない問題だと思うんですけど…

 

因みに新車登録から二年程度のクルマですと、このシーラーを指で押して固まっていればノックスドールで施工、まだプニプニしてたらチッピングコートで塗装、という風に当店では判断しています

どうかご了承下さい

下の画像は解りやすいと思います

半分から上の方のつや消しブラックな部分がチッピングコート、半分から下のつや有りブラックな部分がノックスドールです

2019/05/03

BLOG

Noxudol ノックスドール

施工手順

店舗情報

価格表

ベストカーズ札幌からのお知らせ☆