BLOG

HOME» BLOG »ノックスドール 施工事例 石狩郡S様 ジムニー

BLOG

ノックスドール 施工事例 石狩郡S様 ジムニー

ノックスドールハードの施工事例です

 

平成27年車 ジムニー 2万4千キロ

 

こちらは、新車時にディーラーで防錆処理をされたと思われるお車です

記録は残っていませんが、紛れもなくWAX系の防錆剤であることが確認できました

一見、シャシーブラックなどの防錆保護塗料に見えますが、塗膜表面をチェックしてみるとWAX系の防錆塗料であることが解ります

WAX系の防錆剤の上には、通常のノックスドール施工で使用するノックスドールUM1600は施工不可になります

今回、お客様と相談させて頂いた上でノックスドール300を使用するノックスドールハードでの施工となりました

オプションでリアバンパー内部のコンプリート施工付きになります

 

近年、新車時に防錆施工をしているお車が増えてきていますが、ディーラーでの防錆処理ではWAX系の防錆塗料を使用するケースが非常に多くなってきています。

パッと見ではシャシーブラックに見える塗料でも、実はWAX系の防錆塗料である場合が多いです

既にWAX系の防錆塗料が塗られている場合、ノックスドールライト、リッチ、プレミアムの各メニューは全て施工不可となってしまいますのでご注意下さい

下回りに何かが塗ってあり記録が残っておらず確認が取れない場合は、当店までご来店頂ければ無料で診断しますので、どうぞお気軽にご利用下さい

 

 

今回の施工動画はこちらです

 

 

ダイジェスト版はこちらです

 

 

施工前、施工後の画像です

 

before

左右のラダーフレームとその内側には防錆処理がされていますが、フレームの外側は何も塗られていない状態でした

年式が新しい事もあり、下回りに少しのサビは出ていますが比較的良好な状態のお車です

 

 

 

after

 

リアのコンプリート施工です

バンパーに隠れる部分とテールレンズの裏にあたる部分に防錆してあります

半透明な防錆剤を使用するので『やりました感』がイマイチですが(笑)、きっちり二重防錆になっています

 

WAX系のノックスドール300はツヤがある仕上がりになります

但し、将来的には砂埃や土埃が表面に付着しますので、灰色がかった茶色になっていきます

ノックスドール300は1600よりも粘性が強く非常に硬化しにくいので、間違っても雑巾などで拭いたりしないで下さい

施工後数か月程度の経過だと、簡単に防錆剤が拭き取られてしまいます

 

「そんなんで持つのか!?」

 

と思われるかも知れませんが、通常の使用で剥がれる事は有りません

シャーベット状の雪道を爆走しようが問題ない事は実証済みです

ご安心下さい

 

コンプリート施工で外したリアバンパーとテールを付けて完成です

 

S様、ご依頼ありがとうございました!

 

 

2019/05/02

BLOG

Noxudol ノックスドール

施工手順

店舗情報

価格表

ベストカーズ札幌からのお知らせ☆